フクイ産婦人科クリニック

クリニックの紹介

ご挨拶

理事長ご挨拶

フクイ産婦人科クリニック 理事長 田村正明
フクイ産婦人科クリニック
理事長 田村正明

2019年フクイ産婦人科クリニックは前身母体である「医療法人福井会」より
「医療法人Reverence for Life」へと円満に継承されました。

「Reverence for Life」は「生命への畏敬」という意味です。

これは「密林の聖者」(仰々しいですね)と呼ばれた医師であり音楽家であったアルベルト・シュヴァイツァー博士の言葉です。法人名で格好つけすぎだと思われるかもしれませんが、せめてシュヴァイツァー博士の半分でも生命に貢献したいとの思いからです。

ただ、やはり法人名としては長すぎましたね。もうちょっと短縮してもよかったかなとも思っています。そうすれば手紙に宛名を記入するのがもう少し楽だったでしょう。

ともかく、私も人の子ですので赤ちゃんの時代がありました。私がまだお腹の中にいた頃、母親がシュヴァイツァー博士の写真を眺めていたというエピソードを何度も聞かされて些かウンザリしていました。それが原因ではないですが、実家のクリニックを継がずに所縁のない伊勢崎の地でフクイ産婦人科を継承しました。自分でも親不孝だなと思います。そこでせめてもの罪滅ぼしにシュヴァイツァー博士の言葉を拝借した次第です。

皆さんが痛みに耐えながら分娩する姿に母もこうやって私を産んだのかなと考えます。当時一人で分娩せざるを得なかった気持ちを今になって理解することができます。激痛と戦う皆さんの姿はあの時の私の母親であり、赤ちゃんはあの時生まれた私自身かもしれません。そういうつもりでいつも一緒に乗り切るお手伝いをしています。(無痛分娩という方法も選べます。)

大きなことをいうつもりはありません。
今後も30年の歴史の中から良いところを残し、不要な点は大胆に改革を続けて次の30年につなげていければいいなぁと考えています。

ただそれだけで一生が終わりそうですが、それを実行することさえ機会に恵まれない人もいるわけですから、与えられたものを最大限活かします。
皆さんの赤ちゃんとお会いできることを楽しみにしています。


事務長紹介

フクイ産婦人科クリニックは世界一赤ちゃんに優しいクリニックを目指しています。
そのために、医療技術だけではなく、思いやりのある接遇や傾聴ができる人間性の向上も大切にしています。

医療業界に限らず世の中の様々なことが専門的かつ複雑になってきているなかで、それを実現していくためには、より安心安全な医療の提供と患者様ファーストの接遇を両立できる体制の構築が必要です。

そしてそれはもちろん、持続可能なものでなければなりません。

そこで当院ではCFO(最高財務責任者)に今野不二人を招聘いたしました。

今野はその専門知識を活かして数々の事業承継を手掛け、経営を軌道に乗せてきた実績があります。

組織が新体制に移行すれば、その変化にともなって数々の難しい案件が出てきます。
それらを解決に尽力してきたのが今野です。

今野も含め、医療には直接関わらないスタッフがいることによって、私田村も他の医療従事者も医療に集中し研鑽を積むことができております。

これからも患者様ファーストで世界一赤ちゃんに優しいクリニックを目指していく私たちフクイ産婦人科クリニックをどうぞよろしくお願いします。

今野不二人(こんのふじと)略歴
常務理事・CFO・事務長
MBA(経営学修士)・中小企業診断士・健康経営エキスパートアドバイザー
「東京大学 経営のできる大学病院幹部養成プログラム・標準コース」修了
「高度医療経営人材」


ページの先頭へ