4Dエコーはこちらへ

3D超音波画像診断3Dはこのまま下へおすすみみください



おかあさんのおなかの中のあかちゃんの様子を超音波の跳ね返りの時間差によって見ることができます。
今までの超音波画像診断装置では、2次元方式が主な診断方法でしたが、当クリニックでは的確な診断をすべく、
いち早く3次元で画像診断を行える装置を導入いたしました。



おかあさん方には、初めてわが子の対面が立体で顔形が鮮明に解るとたいへんな反響です。


ソナーと呼ばれているものをおなかにあてコンピュータで解析し
モニターに写しだします。




画像は、プリントアウトしおかあさんにその場でお渡しいたします。
もちろん、カラーです。

    3Dエコーのビデオ撮影も可能です(実費5000円)


実際に3D(3次元)画像をご覧になりたい方は、下のアイコンをクリックして下さい。
ISDN以上での閲覧推奨いたしますここをクリックして下さい3Dエコーが見られます